ヨノナカ童貞。

食物連鎖の下から2番目

【入場規制】ラブドール展の最終日に特攻してきた

f:id:b_bf_wu3:20170613002950j:image

皆さんはラブドールというものを知っているだろうか?  人間の歪んだ性癖が産み出した大人のオモチャのこと… ではなく、発祥はセックスができない体の不自由な人向けに作られたもののようだ。

 

そして、そのラブドール製作の最大手・オリエント工業ラブドールの展示会を開催するということで入場規制がかかるほどの話題を呼んだ。

 

そんな噂を聞きつけ黙っていられないのが僕。愛機の一眼レフカメラを充電し、入念に準備し最終日に行くことに決めた!

 

しかし、事態は急変

 

向かう電車内で、ふと無慈悲なツイートを目の当たりにしてしまったのだ

f:id:b_bf_wu3:20170611174449j:image

 

えっ…?

 

せいりけんしゅうりょう?

 

う…  うわああああああああああああ

f:id:b_bf_wu3:20170611173321j:image

  

ああああああああああああああああああああ 

 

f:id:b_bf_wu3:20170611173301j:image

数秒前まであんなに心躍らせながら電車に乗って向かっていたのに、いきなり絶望の深淵まで叩き落とされた…

 

 

 

 

 …よ

 

 

 

…めるなよ

 

 

 f:id:b_bf_wu3:20170611173406j:image

なめるなよ!!!!!!

 

この目で終了を見るまで帰れるか!!!!!!!!

 

ということで、真偽を確かめにとりあえずイベント会場前まで行くことに

  

すると…

 

f:id:b_bf_wu3:20170611173514j:image

不屈の闘志たちがまだ並んでるーーー!!!!!!!!

 

f:id:b_bf_wu3:20170611173532j:image

「キャンセル待ち」の看板を持ってるお姉さんからは保証はないですとは言われたが、なんか並べば入れそう!

 

なんだこよ奇跡は…!

 

未来のロボティクス産業の歴史とこれからの調査のためにどうしても一目見ておきたかった僕の執念勝ちである!!!

 

10分ほど並びなんとか入場に成功。

 

会場内の盛況っぷりが凄まじく、会場内の熱気を写真にしてお伝えしたかったが勇猛な戦士たちの顔がどうしても写ってしまうため断念。

 

とはいえ、会場内には男性ばかりというわけではなく、半分ぐらいは女性もいた!いつからこんなにオープンエロな国になったのだろうか…

 

というわけでじっくりとラブドールを鑑賞していこう。

 

初期のラブドール

f:id:b_bf_wu3:20170612220457j:image

お…おう

こちらは1977年に発売された初期のラブドール。当時にしてはかなり技術力が高いのではないか。しかし、もしアダムとイブのイブがこの有様だったら、おそらく人間の繁栄はなかっただろう。

 

現代のラブドール

f:id:b_bf_wu3:20170612223025j:imagef:id:b_bf_wu3:20170612223045j:image

ッキターーーー!!!!!

あまりにも精巧すぎて写真がiPhoneの「ピープル」に乗っかってきてしまうレベルのリアリティと美しさ。下段の写真に関しては「sold out」という紙が貼ってあったので、来場者で絶対買ったやついる!

 

ラブドール展ではラブドールの展示だけでなく、ラブドールの変遷の歴史資料も展示されている。さらには、ラブドールに触れる場も用意されていて、狭いスペースながらなんともバラエティーに富んでいるイベントである。ちなみに僕も初めてラブドールに触れることができた!感触はご想像にお任せする!f:id:b_bf_wu3:20170612223126j:image

f:id:b_bf_wu3:20170612223808j:image

美しみがやばい

f:id:b_bf_wu3:20170612221527j:image

なぜか水の中に閉じ込められているラブドールも。もうお腹いっぱい!

 

ここまでくると友達にラブドーラーと言われてもおかしくない。

 

というわけで初めてのラブドール展に行ってきたが、諦めなくて良かったと思えるほどの満足度である。ぜひオリエント工業ラブドール産業のみならず、将来の日本の様々な科学技術とのコラボ通じてシナジー効果をうみだしてほしいものである。 

f:id:b_bf_wu3:20170612222003j:image

では!

 

 

人気グラドルと飲める?! 「週プレ酒場」のオープンに一番乗りしてきた

f:id:b_bf_wu3:20170610193250j:image

 ある日、いつものように虚ろな目をしてTwitterを眺めていると天地を揺るがすとんでもない"ツブヤキ"を見てしまった。

 

なんと、週プレ50周年記念した酒場が新宿・歌舞伎町にオープンするというのだ。

そして、驚くべきはオープンイベントでなんとテレビでも活躍してる現役のグラビアアイドルとお酒が飲めるというのだ…!アリアナイ!

 

中学生の頃、イエローキャブにどハマりして以来ずっとグラビアファンだった私は一瞬にして心を奪われ、幾らかかるのかもわからずに予約開始を待ちわびていた。

 

 

◾️予約開始は闘いのゴング

 

6/10  にオープンする。しかし、夢のイベントの初日に参加できる枠は僅か15名。5名×3部という形だ。でもどうせ行くなら絶対1部!

 

ということで、予約当日は働きながら予約開始の12:00を待つ。仕事集中できない。

 

時間になると同時にウェブサイトを立ち上げ、持ち前の神速フリック入力を駆使し、1分以内に予約ボタンを押す!後日聞いた話だが、人によってはアクセスできない時もあったらしい

f:id:b_bf_wu3:20170610193543j:image

予約完了の4文字が!

間に合った〜!

 

 ◾️というわけで当日!

 f:id:b_bf_wu3:20170610193657j:image

エレベーターを出るとアグネスラムが出迎えてくれた。雰囲気すげえ!

f:id:b_bf_wu3:20170610193750j:image

f:id:b_bf_wu3:20170611025357j:image

 

さて、人気グラドルとは一体誰か? 

 

それは、初代、日本一可愛い女子高生の佐山彩香、そして、サンジャポで活躍されている葉加瀬マイの2名! 知る人ぞ知る有名グラビアアイドルだ!

 

5名限定のVIP席に誘導され、ついにママ達が登場する 

f:id:b_bf_wu3:20170611025444j:image

f:id:b_bf_wu3:20170610195621j:image 

キターーーー!!!!!

 

生のグラドルや!

距離感ヤバイ。本当に50cm以内!

 

残念ながら撮影は禁止だったが生の芸能人は可愛い!顔ちっちゃい!しかも、くびれてるのに出てるところはムチムチw

 

グラドルのママ達にお酌をしてもらいカンパーーーーーイ!!!休日に幸せかよ!!

 

VIP特製のオツマミを食べながら、超プライベートな話から、番組の裏側の話など何でもぶっちゃけてくれる。しかも芸能人だからといって高慢な態度をとることも全くなく、めっちゃフレンドリーに接してくれる。話に集中しすぎてオツマミ進まない…

 

◾️そして最後は…

f:id:b_bf_wu3:20170610200635j:image

まさかのツーショットチェキ販売!佐山彩香さんも、葉加瀬マイさんも売れっ子なので普段写真を一緒に撮る機会なんてある訳がない。0距離で一緒に撮ってもらった!夢よ醒めるな!

 

f:id:b_bf_wu3:20170610200848j:image

最後にサイン付きお品書きを手渡しでもらい、お別れの握手してイベント終了!時間流れるの早過ぎた〜

 

というわけで週プレ50周年記念の週プレ酒場は本日オープン!今後も有名グラドルと飲めるイベントがまだまだあるので確認されたし!

 

 

 

 

【地獄】初めての婚活パーティー

婚活、それは就活の次に待ち受ける人生のバトルロワイアル。誰もが一度は通らざるを得ない通過儀礼のようなイベントだ。
 
数々のメディアの婚活戦略により、「婚活は陽が射している華やかなイメージ」という印象があるかもしれない。
 
しかしその実態はそんな生易しいものではない。婚活とは戦であり、人生を賭した決算なのだ。
 
筆者は27歳というまあまあいい歳ながら、まだ婚活するモチベーションは全くない。しかし、今後を見据えた社会勉強のために、婚活パーティーに申し込むことにした。
 
生半可な気持ちで参加した者には到底耐えうるものではない地獄であることも知らずに…。
 
 f:id:b_bf_wu3:20170528015913j:image
当時は1年前ぐらいだろうか。僕が申し込んだ婚活パーティーは「男性は大手企業×女性は20代」という条件付のパーティーだった。
 
探してみると、こういった条件付のパーティーは珍しいものではなく、「高身長男性コン」とか「年収600万円以上コン」とか「自衛隊コン」とかまである。人間の浅ましさや、闇の深さが窺いしれる。
 
当日。
 
銀座の"如何にも"という場所が会場になっていた。男は単細胞だ。いつだってパーティーの前には期待してしまう。
 
「高身長のモデルにモテたらどうしよう」とか「グラドルレベルの爆乳が来たら即結婚しよう」とか、都合の良い妄想を次々と膨らませるのである。
 
まだ建てたばかりだと思われる新しめなビルに入り、エレベーターに乗り、上の階へとゆっくり昇る。少し経つとエレベーターが止まり、いよいよというところでドアが開くと、そこには受付らしきものがあり、上品な服装をしたお姉さんがにこやかに出迎えてくれた。
 
「〇〇パーティーにご参加でしょうか?」
 
「あ…は、はい」とどもる僕。
さすがに初めての空気感のためか慣れない。
 
促されるがままに中に入るとすでに開始時刻が過ぎているせいか、20組以上の男性と女性が机にズラッと向かい合って座っている。
「 ホンモノのやつだ〜」などと思いながら僕も荷物を降ろしてようやく席に着く。
 
席に着いたばかりでルールがよく分からなかったが、どうやら"第1部"では、【自己紹介→席移動】を1分ごとに行い、会場にいる人全員と挨拶をするようだ。
 
初めに「自己紹介シート」なるものを手渡されたので、自分の仕事や、趣味についてアピールポイントをひたすら書き殴った。そのシートは自己紹介の冒頭に男女お互い交換することになる。次々と対面する女性の品定めをし、品定めをされ返す。そう、我々は婚活市場における商品なのである。
 
だからドラマや映画には出てくるような"自然な出会い"はそこにはない。そこにあるのは、例えるなら、人が見守っている中で無理やりでも子作りをさせられるような、なんとも言えぬこの人工的な感覚だけ。手渡された自己PRシートを渡されては捌いていく感じ。
 
それはまあルールなのでしょうがないにしても、参加者の女性たちのヤル気には凄まじいものを感じた。
 
20人いるとすると、婚活証明写真からそのまま登場して来たかのような典型的婚活女子が4割。ホントに20代か?が1割。水商売してるの?が1割。まともなOLが2割、人外が2割といったところか。
 
しかし、まあよくもまあこんなアレを集められたなというほど顔面については厳しいものがあった。心の中の"大企業戦士の妻になって楽した生活をしたい"という穢れた欲望がそのまま顔面というインターフェースに映し出されていたのかと疑うほどだった。
 
彼女らは間違いなく、結婚のための結婚に憧れを抱いている。ぼくは未だかつてこんなにも女性と話すのが苦痛だと感じたことはなかった。
 
それでも1人だけ気になった娘がいた。大阪出身の食品会社勤務のOLだ。もはや会場内唯一の華といっても良い。もしかしたら会場を一度出れば大した競争力を持たない女性だったかもしれない。しかし、このガラパゴスな会場においては競争率が は20倍に膨れ上がってしまう。
 
クラスで16〜18位前後の容姿の女性に品定めをされる屈辱に耐えながら、会場唯一のかわいこちゃんを射止めるべくアピールする。
 
自己紹介が終わると「気になる相手の番号札」を書く紙が渡され、気になる番号札の娘を記入する。そしてその結果は相手に伝えられるのだ。確か、3人まで書くことができたはずだが、すでに一択クイズと化していたのでその娘の名前だけを書いた。相思相愛であれば良いのだが、世の中そう上手くは行かず、意中の相手からの「気になる」はもらうことができなかった。その代わりとして会場内で2番目にかわいいだろう女の子からは「気になる」をもらうことができた。業界も同じで話が盛り上がった娘だ。
 
f:id:b_bf_wu3:20170528021302j:image
 
第2部はアピールタイムだ。気になった女性のところへ直接行き、何分かごとにシャッフルして話す時間である。ぼくの中では一択クイズだったのでもちろんお目当の娘のところへ向かい話をした。その娘以外に興味はなかったため、その後の時間は1人で空席に座ってボーッと会場を眺めていた。
 
第2部が始まって30分経過した頃だろうか。アピールタイムが終了し、またもや記入シートを渡された。いよいよファイナルアンサーを決める時間だ。シートに番号を記入しお互いマッチングをすれば番号が読み上げられ、2人で2次会を過ごすことができるというのだ。果たして結果はどうだっただろうか…?
 
 
結果は、無慈悲な落選だった。中間発表の時点で察することができたが。
 
こうして、人生初めての婚活パーティーは幕を閉じた。本気で婚活をしたい人にはオススメするが、良い出会いになるかどうかは正直分からない。個人的には人生の最終兵器として使って行きたいと思った。

【超易化】半年ぶりにポケGOを開いたらイージー過ぎた

ポケGOブームからもう半年以上経つだろうか。

流行とは儚く脆いもので、当時のブームと比較したら未だポケGOをしているプレイヤーは、天然記念物並みに見つけるのが難しいだろう。

ポケGO没落の原因は色々考えられるが「ポケサーチ」を潰したことが一因だと考えている。

 

なぜなら、ポケサーチとは(違法ではあるが)ポケモンがどこに出現するかを正確に捕捉するアプリであり、それが無いとポケモンが近くにいることだけ分かっていても、ポケモンがどの方角にいて、ここから何mの距離で、あと何秒で消えるかもわからないという、暗闇の中を平均台であるくレベルのハードモードであった。

 

しかし、「そこら辺のめんどくささが改善された」という噂を聞き天気も良いことだし、新ポケモンも出たということで、久々にアップルストアから落としてやってみた。

 

久々に立ち上げ!懐かしい

f:id:b_bf_wu3:20170520181606p:image

5/19-5/25は岩ポケモンが出やすくなるイベントのようだ

 

なんと…!

f:id:b_bf_wu3:20170520181833p:image

 写真付でポケモンの場所が分かるではないか…!

 

しかも、特定の写真付だ。

f:id:b_bf_wu3:20170520181929p:image

しかもこれだけではない、この足跡マークをタップするとなんと…

 

f:id:b_bf_wu3:20170520193539p:image

ポケモンの出現場所のフラグが立つのだ。昔のポケGOの記憶のままの人からするとあり得ないことが起きている…!

 

途中、石ポケモンイベント期間中のためかレアなオムナイトが出て来たので標的を変更。そしてものの1分でゲット!

 f:id:b_bf_wu3:20170520193802p:image

f:id:b_bf_wu3:20170520194034p:image

なんか逃げる気配もないし、なんなくゲット。むしろ捕まりにきてる気配すら感じる。

f:id:b_bf_wu3:20170520220724p:image

・イージーすぎてすぐに進化もした

 

ポケGOよ…

こんなイージーにしてしまって良いのか?

f:id:b_bf_wu3:20170520193906p:image

・久々にレベルアップしてしまった。

 

ダラダラ歩いては止まり歩いては止まりを繰り返してプレイをしていたが、このご時世もはや道ゆく人々も僕がポケGOをやっているとは思わないだろう。

というわけで、久々にポケGOをやったらめちゃめちゃ変わっていたので久々にやってみてはいかがだろうか。

  f:id:b_bf_wu3:20170520193913j:image

ポケGO後はもちろんラーメンで締めてカロリーを取り戻す。

 

【旅畜⑥】90分でまわるローマの旅

f:id:b_bf_wu3:20170513113022j:image

 6日目。ブラックな旅行も終わりが近づいてきた。もう日本に帰りたという気持ちしかない。

【旅畜⑤】世界一SEXする国・ギリシャの首都へ行ってみた - ヨノナカ童貞。

ローマのチャンピーノ空港には夜の22:00に到着。明日、東京に帰る便が14:00発のため、ほぼ午前中、というかチェックインと空港への移動ふくめたら90分しかローマを観光できない。

そのため、観光名所だけをいかに速く周れるかやってみた。

 

テルミニ駅〜ヴァチカン市国

f:id:b_bf_wu3:20170513144049j:image

まずはテルミニ駅→ヴァチカン市国の最寄りまでメトロで移動。

世界最小の国と言われるだけあって、厳密にはローマではないが 、まあローマの観光名所の一部と言っても問題ないだろう。個人的に一番行きたかった場所だ。

f:id:b_bf_wu3:20170513144221j:image

f:id:b_bf_wu3:20170513144242j:image

 地下鉄A線のオッタヴィアーノ駅(Ottaviano)で下車する。サン・ピエトロ広場の入口まで徒歩5分。というか入口どころか最後までどこからどこまでがヴァチカンのテリトリー内か分からなかった。入国審査もないし、そのぐらいナチュラルに入れる。

f:id:b_bf_wu3:20170513152028j:image

綺麗な廊下?を抜けて…

f:id:b_bf_wu3:20170513151912j:image

 来た!さすがにここは絶対ヴァチカン

f:id:b_bf_wu3:20170513152134j:image

f:id:b_bf_wu3:20170513152148j:image

有名なヴァチカン美術館には入りたかったが、長蛇の列過ぎて断念… 

 

次はスペイン広場を目指し、 再び地下鉄A線にのりスパーニャ「Spagna」駅で下車。

f:id:b_bf_wu3:20170513152834j:image

・味のある地下鉄だ

徒歩10分らしいがぼくらにとっては致命的ともいえる10分である。スリもビックリの速度で歩き、到着。

f:id:b_bf_wu3:20170513152813j:image

うん…ここはそもそも何なんだ。よく考えたらローマなのにスペイン広場ってよく分からない。というわけで観光もほどほどに次はトレビの泉へ。ここから歩いて行けるっぽいとのことでまた風を切って歩き始める。

f:id:b_bf_wu3:20170513153033j:image

ダッシュ!もう残り時間は少ない!

f:id:b_bf_wu3:20170513153018j:image

トレビの泉きた!

トレビの泉には、「後ろ向きにコインを泉に投げ入ると再びローマに来れる」という言い伝えがあるようだ(?)正直ちょっと何言ってるか分からないが、90分で周るならそんなことに油売ってる暇はない。投げ入れずともローマにはまた来れるのでとりあえず撮影しておく。

そしていよいよ最終目的地のコロッセオへ。地下鉄使うと待ち時間がもったいないため歩くことに。女の子ときたらこんな旅は絶対嫌われるだろうなとか思いながら目的地を目指す。

f:id:b_bf_wu3:20170513153130j:image

f:id:b_bf_wu3:20170513153302j:image

謎の遺跡もチェックしつつ…

f:id:b_bf_wu3:20170513153327j:image

到着!ここまで70分

f:id:b_bf_wu3:20170513153356j:image

わー、コロッセオだー(棒)

何枚か撮影し目に焼き付けるまで眺めてから、テルミニ駅へと向かう。もう旅行いやだつかれた。

 

こうしてなんとかローマの主要観光名所を一通り撮影し、周り切った。そしてなんとテルミニ駅到着した瞬間きっかり90分になった。宿へ戻り預けていた荷物を回収し、フィウミチーノ空港へと向かった。ようやくヨーロッパ編は終了。東京・羽田へと戻るがトランジットでバンコクへと飛ぶため、まだまだ日本は遠い…

 

 

【旅畜⑤】世界一SEXする国・ギリシャの首都へ行ってみた

 f:id:b_bf_wu3:20170512012049j:image

ギリシャといえば国が破綻するなど最近はネガティヴなニュースが多いためか、残念な国というイメージがあるだろう。経済が破綻しているくせに世界一SEXしてるときたもんだ。

 

しかし、ひとたび歴史に目を向けると、ギリシャ神話、哲学などの発祥の地だったり、現代になってなお世界中の人々を引き寄せるぐらい古代において高度な文明を持っていた。

 

そんな栄えていた頃のギリシャの歴史を訪ねるべく首都アテネへ向かった。

f:id:b_bf_wu3:20170512004754j:image

f:id:b_bf_wu3:20170512004857j:image

深夜0:50。夜のためもうすでにバスはない。エアポートからダウンタウンまでタクシーで38ユーロとでかでかと書いてある。おそらくぼったくる運ちゃんが多いため国が一律で値段を決めているのだろう。しかし、深夜0時を過ぎているため、0〜5時は深夜料金の54ユーロだ!とか言われ萎えるぼく。

f:id:b_bf_wu3:20170512005159j:image

宿に到着するころには1:30を回っていた。

 

f:id:b_bf_wu3:20170512005243j:image

翌朝は旅のつかれが溜まりすぎて8:00に起床。もはやシーフードすら飽きてきたので朝食はハンバーガーを注文。しかし予想外のでかさ。ヨーロッパは何でもでかいんだよな…

 

アテネに来た目的はただ一つである。古代ギリシャの遺跡観光だ。アテネは、所々に遺跡をなど歴史を残している街だ。宿から徒歩30分圏内にアクロポリス遺跡地区があり、その頂上にパルテノン神殿があるのだ。

f:id:b_bf_wu3:20170512005634j:image

f:id:b_bf_wu3:20170512005647j:image

パルテノン神殿と古代アゴラの観光と合わせて30ユーロ。9:00を回るともう観光客だらけ。ぼくらは4番目ぐらいの列だったが、後ろを見ると50人程度ズラッと並んでいた。

f:id:b_bf_wu3:20170512005822j:image

f:id:b_bf_wu3:20170512005846j:image

なんか雰囲気あるよね。

 

f:id:b_bf_wu3:20170512005945j:image

フォトジェニック!なんだか分からないけどとりあえずインスタに上げよう。

 

外は猛暑で汗が止まらない。遺跡をどんどん上に向かって歩くと…

f:id:b_bf_wu3:20170512010040j:image

入口らしきものが見えてきた!この時点で日本の満員電車レベルでぎゅうぎゅうである。平日やで今…。そしてついに…?

f:id:b_bf_wu3:20170512010148j:image

f:id:b_bf_wu3:20170512010207j:image

パルテノン神殿(絶賛工事中)だああああああああ!!!!!!!!!!

 

この少年ジャンプの舞台に出てきそう感が、僕みたいな大きい子どもの普段抑えつけている厨二心にダイレクトに刺さる。雄大で、美しくて、なんかダンジョン感凄くてボスが住んでそうだ。

 

パルテノン神殿見れてぶっちゃけ9割は満足してしまった。古代の龍とか出てきたらもっと最高だけど。次の遺跡はもうパスしてアテネの街をぶらつくことにした。

f:id:b_bf_wu3:20170512010538j:image

f:id:b_bf_wu3:20170512010556j:image

アテネの中心地・シンタグマ広場↑シンタグマ通り↓

f:id:b_bf_wu3:20170512010736j:image

広場の前でカフェランチ。

f:id:b_bf_wu3:20170512010807j:image

ブラブラしていると哲学者風のおっさんの像も所々にある。

f:id:b_bf_wu3:20170512010911j:image

f:id:b_bf_wu3:20170512010854j:image

謎のパンを食す。

 

そしてブラブラしてたどり着いたのがAPITIVAというギリシャ発のナチュラルコスメブランドだ。

f:id:b_bf_wu3:20170512011422j:image

f:id:b_bf_wu3:20170512010950j:image

1FはAPITIVA独自の技術を生かしたオリジナルコスメが所狭しと並んでいる。正直、普段肌ケアを一切しない男子にとっては数が多すぎて何も違いがわからなかったので、日本の女友達用には50%offの商品ばかりをお土産として買い漁った。それでも高いけど…

f:id:b_bf_wu3:20170512011535j:image

2Fはカフェになっており、APITIVAオリジナルのデトックスドリンクが飲める。ちなみに他の階ではAPITIVAのオイルマッサージも受けれるとのことだった。

 

こうして、破綻している都市ではあったが特に身の危険を感じることなく平和なうちに観光を終えた。まあ、暗闇で生のちんちんを出され、襲われかけたりもしたが誰も興味ないだろうから詳細は割愛する。

f:id:b_bf_wu3:20170512011206j:image 

夜はカフェで

 

ゴールデンウィークの1日1都市の旅も5日目を終え、後半戦だ。次はイタリアのローマに飛ぶ。

 

【旅畜④】"死にたくなる島" サントリーニ島<後編>

 続き

 【旅畜④】"死にたくなる島" サントリーニ島<前編> - ヨノナカ童貞。

イアへはフィラからバスで約30分程度で着く。

f:id:b_bf_wu3:20170509213720j:image

f:id:b_bf_wu3:20170509213738j:image

ついにイアへ 到着!

「世界で最も美しい島」にもノミネートされるサントリーニ島。その理由は美しい海や美味しい料理もそうだが、なんといっても一番は街並みである。特にブルードームと称される白い壁と青い屋根の教会はサントリーニ島の象徴とも言える建物で、この建物を写真に収めようと世界各国から旅行者が止めとなく訪れるのだ。

 

さっそく、ブルードームが映える絶景スポットに向かってみる。

 f:id:b_bf_wu3:20170510170755j:image

 同じ色ばかりではあるが、街はとてもシンプルで迷うことはほぼない。迷ったら才能があると思って良い。

f:id:b_bf_wu3:20170510170951j:image

 f:id:b_bf_wu3:20170510171011j:image

f:id:b_bf_wu3:20170510171107j:image

周りの民度の高さゆえか犬も完全に警戒を解いている

色々な風景を撮影しながら歩くこと30分弱、いよいよ今回の目的地に到した。

f:id:b_bf_wu3:20170510171300j:image

f:id:b_bf_wu3:20170510171309j:image

f:id:b_bf_wu3:20170510172430j:image

見よ!!!美しかろう!!!!!!

もうどこを切り取っても画になる。

ここサントリーニは美しすぎるがゆえに大人気のハネムーン先になっている。どこの店、どの道に入ってもカップル同士が目をトロンとさせながらイチャイチャしている。さらには、この島で式を挙げるために、ウェデングドレス姿でプロカメラマンに撮影してもらっている現場にいくつも遭遇した。男2人できた僕ら…し、死にてえ。

 

昼の撮影は14時頃に終え、絶景が見えるレストランに入る。夕焼けと夜景を抑えたいので、日が落ちる20時頃までの約6時間を潰すことにした。

f:id:b_bf_wu3:20170510171643j:image

機をうかがってブルードームが見える最高の席を奪取!なお男2人組というただの邪魔者でしかない

f:id:b_bf_wu3:20170510171959j:image

f:id:b_bf_wu3:20170510172011j:image

んまほー!

何の料理か分からなかったが隣のカップルが食ってるもの下さいとオーダーした。結果、大正解!てかこの見た目で不味いわけない。

 

レストランでは1.5時間ほど時間を潰したがまだまだ時間があるのでマッサージを受けに行く。

f:id:b_bf_wu3:20170510172145j:image

プール付き?の良さげなところだ。

f:id:b_bf_wu3:20170510172236j:image

 身も心もすっぽんぽん!

パンツも脱ごうとしたがギリシャ人のマッサージのお姉さんに止められた。ここ2日詰め込みすぎて風呂に入る時間がなかったのでマッサージ後のシャワーが気持ちよかった。

 

マッサージを終えいよいよやることがなくなったので絶景スポットを陣取るため先ほどの場所へ。3時間ほど死んだ魚の眼をしてボーッと海を見つめているとようやく日が落ちてきた。

f:id:b_bf_wu3:20170509213638j:image

 いよいよフィナーレも近い。

f:id:b_bf_wu3:20170509213645j:image

おお… 

f:id:b_bf_wu3:20170509213652j:image

キターーー!!!!!!!!!!

ついに今回の目的を達成した。あとは帰るだけだが、今はもう21時。23時のアテネ行きのフライトまで時間が差し迫っている。

f:id:b_bf_wu3:20170510172958j:image

辺りはもう真っ暗。

この時間に空港に行く観光客なんて僕らぐらいで普通の旅行者はみなホテルへ向かっていた。

f:id:b_bf_wu3:20170510173012j:image

バスでフィラへダッシュ!その後、タクシーでエアポートへ。

 

こうして、7:00〜23:00という集中観光を終え、またもや風呂に入らないままアテネの宿で夜を明かした。次は、厨二心を激しくくすぐる街・アテネを観光する。