読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨノナカ童貞。

食物連鎖の下から2番目

【笑過ぎ注意】日本一のショーレストラン「そっくり館・キサラ」に行ってきた話

f:id:b_bf_wu3:20161020205817j:image
 

そこは新宿三丁目駅・B5出口を降りてすぐの雑居ビルにある。

 
 
f:id:b_bf_wu3:20161020210438j:image
なんでも、現役の有名モノマネ芸人のショーを生で観ながらディナーを食べれるという噂の店だ。
 
さっそく約1週間前に、SPECIAL LIVE DAYとされている、あのコージー冨田が出演する回に予約の電話をする。しかし、なんと既に満席。さすがはコージー冨田の集客力だ。仕方なく、再度お店に電話をかけて翌日の回を予約。
 
---
 
当日、定時に仕事を切り上げて急いで目的地に向かう。第1部のショーは19:00頃から始まるため、食事はショーが始まるまでに終わらせなければいけない。
 
エレベーターで8Fへ。
f:id:b_bf_wu3:20161020211014j:image
※この方は連れではない
f:id:b_bf_wu3:20161020210134j:image
エレベーターを出てすぐ左が入口だ。入口に入るといきなり名物店長に軽く絡まれる。平日にもかかわらず満席!
 
f:id:b_bf_wu3:20161020210159j:image

・内観はこんな感じ

 
客層は40代〜50代がボリュームゾーンといったところか。どことなく昭和のショーパブのような雰囲気で居心地がいい。
 
食事はビュッフェ形式で飲み放題付でなんと5,500円。
f:id:b_bf_wu3:20161020211133j:image
f:id:b_bf_wu3:20161020211147j:image
・盛り付けが汚い
 
食事を楽しみながら、ショーが始まる19:00まで待つ。
 
ショーが始まる時間までも飽きさせないのが、このそっくり館キサラのおもてなし。ショーの前座で、石川遼のそっくりさん・「石川不遼」が軽快なトークで繋ぐ。その間にトークショーはもちろん、ステージでの写真撮影を楽しむことができる。
f:id:b_bf_wu3:20161020213556j:image
 

■いよいよショーが始まる!

f:id:b_bf_wu3:20161020212122j:image
照明が落ち、大きな拍手とともにショーの幕があがる。ちなみに、出ている芸人さんたちが大手プロダクションなどに所属しており、複雑な権利関係などが絡み合うため、ショーの最中の写真撮影は"必ずするように"とのこと。
 
会場のボルテージは一気に最高潮へ
f:id:b_bf_wu3:20161020212220j:image
 
さて、お待ちかねの1発目は和深近藤真彦の歌マネ
f:id:b_bf_wu3:20161020214434j:image
思わず手拍子をしてしまうような会場の盛り上がり
f:id:b_bf_wu3:20161020214510j:image
すぐステージから飛び出すから、お客さんとの距離がめちゃめちゃ近い
 
モノマネ特番への出演やラーメンvsつけ麺イベントのラーメンをプロデュースするなどマルチな才能を持つ芸人さんだ。
f:id:b_bf_wu3:20161020220837j:image
有名な"顎モノマネ"を披露
 
 
そして、個人的楽しみにしてた、リトル清原
本日から清原解禁!!
f:id:b_bf_wu3:20161020214831j:image
まだだいぶグレーゾーンではあるが、本当に清原が帰ってきたようで泣きかけた。
f:id:b_bf_wu3:20161020214843j:image
やっぱりお客さんと近い
 
 
f:id:b_bf_wu3:20161020214910j:image
f:id:b_bf_wu3:20161020214921j:image
 
中嶋美嘉のモノマネでMVPを獲ったみはる、G-DRAGON(BIG BANG)のモノマネをしたケビンと続き、大トリはモノマネ特番の常連・あのジャパネットタカタのモノマネでお馴染み、ビューティこくぶ
 
f:id:b_bf_wu3:20161020215133j:image
終了後にはファンに囲まれるほどのイケメン
f:id:b_bf_wu3:20161020215150j:image
最後は会場全体でサイリウムを振りながらのフィナーレ
 
TVで観ると、正直モノマネ芸人は漫才師とは違って、チョイ役で出演することが多いせいか、あまり面白いというイメージはなかった。
 
しかし、生で観るとそのイメージは覆される。モノマネ芸人でありながら、客をいじるトーク術や、場を盛り上げる間の取り方などは、やはり流石のプロと言わざるをえない。
 
この確実に満足度100%を得られる"数少ない"行けば間違いない場所、そっくり館キサラ。文章では到底語りきれない面白さもたくさんある。
 
ぜひ一度、現地で雰囲気を味わってみてはいかがだろうか。