読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中童貞。

食物連鎖の下から2番目

おっさん、ついに女の子の世界に足を踏み入れる

f:id:b_bf_wu3:20161229212855j:image

何でこんなところに来たのかと言われてもわからないけど、一つだけわかることは、なぜだかおっさんが彷徨い込んでしまったことだけだ。

おむすびころりんのおじいちゃんもこんな気持ちだったのだろうか。

"SWEETS by NAKED"
f:id:b_bf_wu3:20161229212950j:image

スウィーツ・バイ・ネイキッド。
訳すと「スウィーツ脳で男女ともに抱けるバイが全裸」

狂気を感じる。

f:id:b_bf_wu3:20161229213549j:image
・公式サイトによる世界観の解説。ちょっと何言ってるかわからない

サイトをしっかり見てみると、どうやらスウィーツの街を再現した展示イベントのようだ。

ここには、鑑賞エリアとスペシャルエリアの2つのエリアがあり、両方のエリアを見るには3400円かかる。コンセプトは可愛いが、値段がぜんぜん可愛くない。

もう、アラサーとも言える年齢になるが、このようなところに来たのは初めてだ。どう楽しめば良いかわからない。そうこうしているうちに気持ちの整理がつかないまま入場してみた。

f:id:b_bf_wu3:20161229214302j:image

会場のなかは薄暗い。入口に入るとお菓子への世界へと続く通路が目の前に。おっさんでも楽しめるコンテンツはあるのだろうか…?

f:id:b_bf_wu3:20161229215036j:image
f:id:b_bf_wu3:20161229215111j:image

鑑賞スペースに入るとそこには街が現れる。
街の中心には謎の塔、そして建物、電話ボックス、街灯、ベンチ、車などが3Dプロジェクションマッピングと融合することによってファンシーな空間が演出されている。

特にファンシーなのがここ。
f:id:b_bf_wu3:20161229215955j:image
f:id:b_bf_wu3:20161229215400j:image
女子のインスタとかでよく見る謎のピンク色の液体を発見

f:id:b_bf_wu3:20161229220026j:image
そして年末にもかかわらず体を張って頑張るお兄さん

f:id:b_bf_wu3:20161229220104j:image
個人的に良かったのがベンチに座ると体に映しだされる黄色いヨダレっぽい何か。おそらくゲロのプロジェクションマッピングだろう。

鑑賞スペースを一通り見終えると体の緊張も程よくほぐれた。もう半分のスペシャルエリア(+2000円)に向かう。何でもスイーツが2つ食べれるようだ。

2000円ものコストがかかっているのだ。
どんなものが食べれるのだろうか…?

スペシャルエリア1 チョコエリア
f:id:b_bf_wu3:20161229220532j:image
外人さんが手を振って出迎えてくれる

チョコエリアは何でも自分にあったチョコレートを仕立ててくれるとのこと。
自分にあったチョコレートとかどんなものだろうか。おじさんはそんな文化を知らない。

鏡の前へと誘導され、小人っぽい者がチョコを混ぜている?演出を見させられる。
どんなオリジナルチョコレートを作ってくれるのだろうかとわくわくして待っていると…

f:id:b_bf_wu3:20161229220642j:image
一粒…?

なんか試供品っぽいものもらった。
カバンに入れてあとで食べようと思ったら溶けてしまった。

お、、、おう。
と思いながら次のスペシャルエリアへと向かう。次が最後のエリアになる

スペシャルエリアその2  アイスエリア
f:id:b_bf_wu3:20161229221716j:image
店内はこんな感じ

f:id:b_bf_wu3:20161229221842j:image
f:id:b_bf_wu3:20161229221852j:image
小物が全てファンシーである。

このエリアではアイスが食べれるらしい。年に2回ガリガリ君をたべるほどの無類のアイス好きだ。果たしてこのおっさんの舌を楽しませることはできるかな…?

f:id:b_bf_wu3:20161229221923j:image
"ストロベアリー" が食べれるのは世界でここだけ!らしい。ガリガリ君にはない味だ

せっかくなのでガリガリ君にはない味を注文してみると…

f:id:b_bf_wu3:20161229221935j:image
異常な量のアイスを手渡された。

だれが2段乗せろといったのだろうか。無類のアイス好きとはいえ、アイスは基本3口とかで十分なタイプだ。食べきれるか心配である。
(※今年一番頑張ったけど食べきれなかった)


ということでだいたい40分程度滞在したこのイベント。おっさん的にはちょっと色々難しかったものの、女の子たちのきゃっきゃうふふを間近で見れたのでそれに3400円払ったと思えばペイはできたかなと思った。