読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨノナカ童貞。

食物連鎖の下から2番目

大寒波に心をも凍らせに怪談ライブバーに行ってきた


今日は冬将軍なるものがくる大寒波の日

そんな身動きが取れなくなるほど体が芯から冷え切ってしまう中で訪れたのは「怪談ライブバースリラーナイト」

f:id:b_bf_wu3:20170114223300j:image

怪談ライブバースリラーナイトは"プロの怪談師" の生ライブを聞きながらお酒が飲めるという新感覚すぎるバーなのだ。この身体が冷える日に心まで冷やそうとする僕は修行僧と言っても過言ではないだろう。

ということで友人と待ち合わせをしてバーのある六本木へと向かった。

普段は人の熱気であふれている六本木もこの日は人がまばら。パーリーピーポーも寒さには勝てないようだ。

六本木駅から徒歩3分ほど。
ドンキホーテの向かい側にお店がある。

入口を覗き込むと店内は薄暗い。そのためか一瞬入るのを躊躇してしまった。

店にはいると甘ったるい香りが充満している。これはお香なのか…?

さらに、店内の装飾にはあらゆるところにキモい人形の装飾が施されている。
f:id:b_bf_wu3:20170114223347j:image
・装飾は全部キモい

店内には若いカップルが1組。
さっそく席についてお酒を注文する。飲み物は1時間飲み放題で3000円。ライブ中は頼むことができないそうだ、

しばらくすると、店員のお姉さんがキモい人形もってきた。何やってんねん

f:id:b_bf_wu3:20170114223327j:image

15分がたつころ、ようやくライブが始まるとのこと。

f:id:b_bf_wu3:20170114224822j:image
・怪談師専用のマイク

店員のお姉さん曰く、「過去に屈強な大の大人が絶叫しながら店を出ようとした」らしい。しかし、「ライブ中は店を完全に締め切るため外には出れないようにしてある」とのこと。鬼か。

完全に前情報を聞いてチビりそうになったため心を落ち着かせようと、ライブの前にお手洗いにいく。


トイレに入ると絶望した。超怖い。
こんなにトイレが怖いのは子供のころ以来だ。

まず、普通に目を凝らさないといけないほど暗い上に、レッドライトが怪しさを増幅させる。上を見ると完全に怖がらせようとする悪意に満ちた人形が置いてある。便座に座ると身の前には鏡。

絶対なんか映ってるパターンだよ〜と本気でビビりながら最短で尿を済まして1秒でも早く外に出た。そのため写真はない。

そしていよいよライブが始まる。
f:id:b_bf_wu3:20170114232236j:image

バァァァン!!!


!?!?!


いきなりの大音量で心臓が持って行かれた。

そして、モニターにホラーすぎる映像が次々と流れ心拍数がアベノミクスのように急上昇。
もう既にホラー系特有の身の毛がよだつサウンドに早くもギブ。真向かいに座っていた友人を隣に座らせ身体を寄せる。

そして、怪談師が登場。
…とともにあたりが急に暗くなる。

f:id:b_bf_wu3:20170114235639j:image

ライブは15〜20分当日のお客さんの入りなどで話題を柔軟に変えてくれるとのこと。

噺家さんによる独特の間や声のトーンにすぐに噺に引き込まれてしまう。

また、繰り返される色々な"仕掛け"などもあり、ライブ終了後には完全に憔悴仕切ってドッと疲れが。期待を裏切らない恐怖がそこにはあった。

日常生活に刺激がないという方にはお薦めである。