読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨノナカ童貞。

食物連鎖の下から2番目

【欧州×旅畜】トラベルブルーが止まらない

f:id:b_bf_wu3:20170423005011j:image

 落ち着きの無い旅行がまたはじまる。  

 旅行に"マッタリ派"と"弾丸派"があるとすると、ぼくは絶対後者だ。

 
学生時代は2週間で欧州9カ国を周り、
昨年のゴールデンウィークも9連休を勝ち取り、イギリス、オランダ、ポルトガルを弾丸で三日三晩、いや九日九晩歩き周った。結果、足首が限界を迎え捻挫した。
 
今年も良くある旅行計画のテンションでチケットと旅程を決めたが、まあまあ地獄の移動のある旅行となりそうだ。以下のルートに決めた。
 
【4/29 12:00東京発】
✈︎東京(日本)→インチョン(韓国)→パリ(フランス)
 
‪パリ(フランス)→ドゥブロヴニククロアチア)→コトル(モンテネグロ)→ドゥブロヴニククロアチア)→ローマ(イタリア)→アテネギリシャ)→サントリーニ島ギリシャ)→アテネギリシャ)→ローマ(イタリア)‬
 
【5/6  21:30東京着】
✈︎ローマ(イタリア)→バンコク(タイ)→東京(日本)「→」はいずれも飛行機移動
 
 
おお…もう…。
 
旅行とは観光ガイドの"確認作業"に過ぎないと揶揄されることもあるが、半分正解で半分違うと思う。
 
旅行は「仮説」と「検証」だと考える。
観光ガイドブックをみてどのような楽しみを得られるかという「仮説」を立てて、現地に行って良い意味で裏切られる「検証」を行う。
 
今回の仮説(=楽しみポイント)は5つ。
 
ドゥブロヴニククロアチア)でジブリ風の景観を満喫
f:id:b_bf_wu3:20170423000145j:image
完全にジブリの世界である。『魔女の宅急便』の舞台と言われていたりするが、ジブリ公式によると、どうやら『紅の豚』の方の舞台となっているらしい。アドリア海に面しているクロアチアグルメに期待大だ
 
②コトル(モンテネグロ)の日帰りぶらりバスツアー
f:id:b_bf_wu3:20170423000151j:image
どこやここは。当初のプランにない完全に悪ノリだ。東ヨーロッパに属する国。単にドゥブロヴニクからバスで2時間で行けるため日帰りで寄ることにしたがバスでの移動というところにトキメクのはぼくだけだろうか。都会にないノマド感を感じたい
 
アテネギリシャ)で古代遺跡観光。厨二心を刺激
f:id:b_bf_wu3:20170423000220j:image
ギリシャ世界一セックスをするだけの国じゃない。哲学や、神話発祥の地だったり、古代に栄えたという男子が大好きな設定の国である。ギリシャ人のズボラさだけが心配
 
サントリーニ島ギリシャ)で夢のリゾート
f:id:b_bf_wu3:20170422235926j:image
ご覧の通りだ。世界一美しい島とも言われたり言われなかったりしている青と白基調の可愛い島。エーゲ海の美しさをまるごと堪能できそうだ。カップルやゲイが多いので、ハネムーンの下見でもするか
 
 
⑤初ローマ(イタリア)観光 f:id:b_bf_wu3:20170423000254j:image
旅行の大定番!コロッセオ、トレビの泉やバチカン美術館など見所満載。いわゆるな"確認"の旅行を楽しむ予定。スリだけには気をつけたい
 
とはいえ先日パリでテロが起きたのに初日から空港泊だったり、料金優先させたのでフライトがくそ長かったりとトラベルブルーも感じる今日この頃。
 
もしもに備えて準備するのも旅の鉄則である。気を抜かずに最大限楽しみたい!
 
f:id:b_bf_wu3:20170423001312p:image